コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イソマツ

海藻海草標本図鑑の解説

イソマツ

からだは樹枝状で,円柱状の主軸と,円柱状から扁平な枝からなる。やや波あたりの強い潮間帯中部から下部上で,岩を覆うように密生する。枝のところど ころにはかすかなくびれがあり,輪状の模様がみられる。上部は柔らかい肉質だが,下部は硬くなり,小形の個体は干潮時にも直立している。生体は黄色がかっ た緑や淡い赤色などで,同一個体の中でも変化に富む。

出典 千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イソマツ
いそまつ / 磯松
[学]Limonium wrightii (Hance) OK.

イソマツ科の低木状をなす多年草。別名ムラサキイソマツ。茎は太く基部で分枝し、古い幹は黒色で横じわができ、クロマツの幹によく似ている。枝先に葉を密生し、ロゼット状に広がる。葉はかんざし形で先は円く、下方はしだいに狭くなって短い柄となる。8~9月、葉の中心から高さ7~15センチメートルの茎を直立し、多数の小穂を円錐(えんすい)状につける。花序は側扁(そくへん)で、小穂は柄がなく、基部に小さな卵形の包葉がある。小穂は2枚の小包葉に包まれ、1~2個の花がある。萼(がく)は筒状で5裂し、白色で乾質、下部の稜(りょう)上に白い長毛がある。花冠は筒状鐘形で5裂し紅紫色である。海岸の飛沫(ひまつ)のかかるような岩場や、隆起サンゴ礁の上などに生え、伊豆諸島、九州南部、沖縄、小笠原(おがさわら)、台湾に分布する。
 名は、磯辺(いそべ)に生え、草姿が松に似ているからである。花の黄色いものをウコンイソマツ(キバナイソマツ)といい、沖縄から台湾にかけて分布する。イソマツ属は世界に150種あり、海岸、砂漠、高山などの特殊な環境に生えるものが多い。[高橋秀男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

イソマツの関連キーワードアルメリア(イソマツ科)世界のおもな植物園イソマツ(磯松)沖縄戦跡国定公園ウコンイソマツスターチスアルメリアイソマツ科ルリマツリ沖縄(県)ハマサジ伊蘇麻都磯蓮華石花火磯花火紫磯松岩花火花浜匙浜匙磯松

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

イソマツの関連情報