イダス(英語表記)Idas

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イダス
Idas

ギリシア神話の英雄。アファレウスの息子で,兄弟のリュンケウスと仲がよく,一緒にアルゴ船の遠征やカリュドンの猪狩に参加して活躍した。アレスの息子エウエノス王との戦車競争に勝ち,その娘マルペッサと結婚した。するとかねてこの美女に恋していたアポロンが彼女を奪おうとして争いが起ったが,ゼウスの仲裁に従い,マルペッサ自身に夫を選ばせたところ,彼女は自分と同じ人間であるイダスのほうを選んだという。最後には従兄弟にあたるディオスクロイ (→カストルとポリュデウケス ) と仲たがいをして死闘を演じ,まずカストルを殺し,次にリュンケウスを殺したポリュデウケスを石で打ち倒したところで,ゼウスの雷に打たれて死んだとも,ポリュデウケスに殺されたともいわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のイダスの言及

【ディオスクロイ】より

…父に関しては,ゼウス(ディオスクロイとは〈ゼウスの息子たち〉の意)とも,テュンダレオスとも,あるいはまた,白鳥の姿に変じたゼウスがレダと交わったあと,レダは夫とも同衾したので,ゼウスの種からはポリュデウケスとヘレネが,テュンダレオスの種からはカストルとクリュタイムネストラが生まれたともされる。この兄弟はイアソンを指揮者とするアルゴ船の遠征(アルゴナウタイ伝説)に参加したあと,叔父アファレウスAphareusの子のイダスIdasとリュンケウスLynkeus兄弟の許嫁であった2人の娘をさらったため,あるいはイダス,リュンケウス兄弟と4人で奪った牛の分配をめぐって争ったため,カストルがイダスに殺された。このとき不死身であったポリュデウケスは,兄弟の死を悲しむあまり,自分もいっしょに死なせてくれるようゼウスに懇願すると,ゼウスは2人に,1日おきに天上と冥府で暮らすことを許したという。…

※「イダス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android