コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イチゴハナゾウムシ

百科事典マイペディアの解説

イチゴハナゾウムシ

ゾウムシ科の甲虫の1種。体長3mm内外,黒色で翅は赤茶色。日本全土,樺太サハリン),千島分布成虫は夏に発生。成虫で越冬し,イチゴ,バラなどの害虫

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イチゴハナゾウムシ
いちごはなぞうむし / 苺花象虫
[学]Anthonomus bisignifer

昆虫綱甲虫目ゾウムシ科に属する昆虫。日本全土および、千島列島、樺太(からふと)(サハリン)に分布する。体長3ミリメートル内外で、体は前方へ細くなり、吻(ふん)が前へ突き出る。黒色で灰白色の短毛に覆われ、上ばねは赤褐色であるが、前部の三角紋と後方両側の三角紋は黒い。イチゴやバラの花やつぼみを食べるので害虫とされているが、野外のバラ科植物にも多くみられる。成虫は4月ごろから現れて吻でつぼみに穴をあけて産卵し、幼虫はつぼみの中で成長する。成熟した幼虫は土中に潜って蛹(さなぎ)になる。[中根猛彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のイチゴハナゾウムシの言及

【ゾウムシ(象虫)】より

… ゾウムシ科はその食性から害虫が少なくない。衰弱した松類の樹皮下に穿孔(せんこう)するマツキボシゾウムシ,マツノシラホシゾウムシ,イチゴ,バラなどの新芽を枯死させるイチゴハナゾウムシ,稲の葉や根を食害するイネゾウムシイネミズゾウムシ,穀類を食べ荒らすコクゾウムシ(イラスト)(オサゾウムシ科としても扱われる),栗の実に潜り込むクリシギゾウムシ,野菜類を食害するヤサイゾウムシ(イラスト)などは著名である。【林 長閑】。…

※「イチゴハナゾウムシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

イチゴハナゾウムシの関連キーワードゾウムシつぼみ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android