コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イチゴハナゾウムシ

2件 の用語解説(イチゴハナゾウムシの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

イチゴハナゾウムシ

ゾウムシ科の甲虫の1種。体長3mm内外,黒色で翅は赤茶色。日本全土,樺太(サハリン),千島に分布。成虫は夏に発生。成虫で越冬し,イチゴ,バラなどの害虫。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イチゴハナゾウムシ
いちごはなぞうむし / 苺花象虫
[学]Anthonomus bisignifer

昆虫綱甲虫目ゾウムシ科に属する昆虫。日本全土および、千島列島、樺太(からふと)(サハリン)に分布する。体長3ミリメートル内外で、体は前方へ細くなり、吻(ふん)が前へ突き出る。黒色で灰白色の短毛に覆われ、上ばねは赤褐色であるが、前部の三角紋と後方両側の三角紋は黒い。イチゴやバラの花やつぼみを食べるので害虫とされているが、野外のバラ科植物にも多くみられる。成虫は4月ごろから現れて吻でつぼみに穴をあけて産卵し、幼虫はつぼみの中で成長する。成熟した幼虫は土中に潜って蛹(さなぎ)になる。[中根猛彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のイチゴハナゾウムシの言及

【ゾウムシ(象虫)】より

… ゾウムシ科はその食性から害虫が少なくない。衰弱した松類の樹皮下に穿孔(せんこう)するマツキボシゾウムシ,マツノシラホシゾウムシ,イチゴ,バラなどの新芽を枯死させるイチゴハナゾウムシ,稲の葉や根を食害するイネゾウムシイネミズゾウムシ,穀類を食べ荒らすコクゾウムシ(イラスト)(オサゾウムシ科としても扱われる),栗の実に潜り込むクリシギゾウムシ,野菜類を食害するヤサイゾウムシ(イラスト)などは著名である。【林 長閑】。…

※「イチゴハナゾウムシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

イチゴハナゾウムシの関連キーワードコクヌスト小豆象虫稲象虫栗鷸象虫穀象虫象虫偽瓢虫豆象虫短截象虫アズキゾウムシ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone