コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イトラン(糸蘭) イトランYucca filamentosa; Adam's needle

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イトラン(糸蘭)
イトラン
Yucca filamentosa; Adam's needle

リュウゼツラン科の低木。広義ではユリ科に含まれる。北アメリカ南部の大西洋岸およびメキシコ湾地方の原産。短い幹は分枝し,葉が密生するので大きな株となる。多肉質でやや硬い葉は線状または剣状で,先端はとがり,白粉を帯びる。葉縁に白色の繊維が分離するのが特徴で和名もこれからついた。初夏に,葉の間から大きい円錐花序を出し,クリーム色鐘形の花を多数つける。耐寒性が強いので同属のキミガヨラン (→ユッカ ) などとともに庭園などによく植えられる。北アメリカ南部では茎や葉からとれる繊維を椅子のシート布に用いたりする。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

イトラン(糸蘭)の関連キーワード東洋ラン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android