イヌノハナヒゲ(英語表記)Rhynchospora chinensis Nees et Meyen

世界大百科事典 第2版の解説

イヌノハナヒゲ【Rhynchospora chinensis Nees et Meyen】

湿った草原や池沼のまわりに生える,カヤツリグサ科の細長い多年草(イラスト)。細いと葉が密生して株となる。葉は幅2mmくらいの線形。茎は高さ70cmほどになり,7~10月ころ上の方に細い円錐花序を出し,茶色の小穂をまばらにつける。果実は長さ1.7mmの楕円形で,頂にくちばし状の花柱基があり,基部に6本の剛毛があるが,この剛毛の生え方が犬の鼻ひげの生え方に似ているから,〈犬の鼻鬚〉と呼ばれる。本州の愛知県以西,四国,九州,琉球諸島を経て,中国南部,東南アジアインドネシアスリランカに分布する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イヌノハナヒゲ
いぬのはなひげ
[学]Rhynchospora japonica Makino var. japonicaRhynchospora rugosa Gale

カヤツリグサ科(APG分類:カヤツリグサ科)の多年草。茎は細く直立し、高さ30~80センチメートル、葉は幅2~3ミリメートル、花期は夏から秋で、小穂は長さ7~8ミリメートル、濃褐色である。日当りのよい湿地に生え、本州中部から沖縄、さらに朝鮮、中国、インドネシア、インドにかけて生育し、暖帯、熱帯地域に広く分布する。名は「犬の鼻ひげ」で、細い植物体を犬の鼻のひげに見立てたもの。コイヌノハナヒゲR. fujiiana Makinoは小穂の長さが3~6ミリメートルとイヌノハナヒゲに比べ小さく、北海道から九州、朝鮮にかけて分布する。[木下栄一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

イヌノハナヒゲの関連情報