コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イヌノハナヒゲ Rhynchospora chinensis Nees et Meyen

世界大百科事典 第2版の解説

イヌノハナヒゲ【Rhynchospora chinensis Nees et Meyen】

湿った草原や池沼のまわりに生える,カヤツリグサ科の細長い多年草(イラスト)。細い茎と葉が密生して株となる。葉は幅2mmくらいの線形。茎は高さ70cmほどになり,7~10月ころ上の方に細い円錐花序を出し,茶色の小穂をまばらにつける。果実は長さ1.7mmの楕円形で,頂にくちばし状の花柱基があり,基部に6本の剛毛があるが,この剛毛の生え方が犬の鼻ひげの生え方に似ているから,〈犬の鼻鬚〉と呼ばれる。本州の愛知県以西,四国,九州,琉球諸島を経て,中国南部,東南アジア,インドネシアスリランカに分布する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イヌノハナヒゲ
いぬのはなひげ
[学]Rhynchospora rugosa Gale

カヤツリグサ科の多年草。茎は細く直立し、高さ30~80センチメートル、葉は幅2~3ミリメートル、花期は夏から秋で、小穂は長さ7~8ミリメートル、濃褐色である。日当りのよい湿地に生え、本州中部から沖縄、さらに朝鮮、中国、インドネシア、インドにかけて生育し、暖帯、熱帯地域に広く分布する。名は「犬の鼻ひげ」で、細い植物体を犬の鼻のひげに見立てたもの。コイヌノハナヒゲR. fujiiana Makinoは小穂の長さが3~6ミリメートルとイヌノハナヒゲに比べ小さく、北海道から九州、朝鮮にかけて分布する。[木下栄一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

イヌノハナヒゲの関連キーワード利尻礼文サロベツ国立公園サバンナ(植生帯)アポイ岳尾瀬

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android