コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イネドロオイムシ

2件 の用語解説(イネドロオイムシの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

イネドロオイムシ

ハムシ科の甲虫の1種。イネクビボソハムシの幼虫の俗名。糞塊を背負うのでこの名がある。成虫は体長4.5mm内外,頭胸部黄褐色,翅は青藍色。日本,中国,台湾に分布。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イネドロオイムシ
いねどろおいむし / 稲泥負虫
[学]Oulema oryzae

昆虫綱甲虫目ハムシ科に属する昆虫。和名はイネクビボソハムシであるが、幼虫が泥状の糞(ふん)を背中にのせる習性があるので、農業関係ではこの名を用いるほか、単にドロオイムシともいう。日本全土および樺太(からふと)(サハリン)、朝鮮半島、中国、台湾に分布する。体長4~4.5ミリメートルで細形。体は黒色で、前胸と肢(あし)の大半が赤黄色。上ばねは長くて両側がほぼ平行で、青い光沢がある。5月ごろから現れてイネ、マコモ、アシなどイネ科植物を食べ、黒い卵を塊状に産み付けて粘液で覆う。成虫、幼虫とも葉の表面の葉脈の間を縦に線状に食べて白く食痕(しょくこん)を残すが、幼虫のほうが害がひどい。このためイネの害虫として有名である。幼虫で越冬する。[中根猛彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のイネドロオイムシの言及

【イネクビホソハムシ】より

…幼虫は灰白色で腹部が強く隆起する。つねに自分の糞を背中にのせていて,一見,泥を背負っているように見えるところからイネドロオイムシとも呼ばれる。成虫は5月ごろから出現し,イネの葉に粘液で覆われた黄色の卵を固めて産みつける。…

※「イネドロオイムシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone