イブン・ジャマーア(英語表記)Ibn Jamā`ah,Badr al-Dīn Muḥammad

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]1241
[没]1333
アラブの法学者。カイロやダマスカスの法官を歴任し,シャーフィイー派立場から歴史の現実を容認する政治論を説いて,スルタン権力を法のもとにおき,その権威の正当性を立証しようとした。主著は『ムスリム統治論』 Taḥrīr al-aḥkām fī tadbīr ahl al-Islām。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android