コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イラク史 イラクし

1件 の用語解説(イラク史の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イラク史
イラクし

前 7000年頃,チグリスユーフラテス川の流域,メソポタミアの丘陵地帯に世界最古の文明が発祥し,前 3000年代にはシュメール人,アッカド人が灌漑農業の社会を形成。前 2000年代末になるとセム族のバビロニア王国が成立し,前 625年にはカルデア人新バビロニア王国がつくられたが,前 558年にはアケメネス朝の支配下に入り,次いでマケドニア王国シリアセレウコス朝の支配が続き,前1世紀にはローマの属領に編入された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

イラク史の関連キーワード女子教育パノラマカー牧畜文化自動車リサイクル法環濠集落エコポイント凱旋門賞高圧酒井忠利飯田藩

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イラク史の関連情報