コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イラン=アメリカ請求法廷 イラン=アメリカせいきゅうほうてい Iran-United States Claims Tribunal

1件 の用語解説(イラン=アメリカ請求法廷の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イラン=アメリカ請求法廷
イラン=アメリカせいきゅうほうてい
Iran-United States Claims Tribunal

1979年に勃発したイラン革命とそれに続く国内の混乱状態のなかで,多大な被害を被ったアメリカ人アメリカ系企業の請求を処理し,救済を与えるために設立された仲裁法廷。テヘラン=アメリカ大使館人質事件の解決のために 81年1月にイランとアメリカとの間で締結されたアルジェ協定に基づいてハーグに設立された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イラン=アメリカ請求法廷の関連キーワードイギリス革命辛亥革命ベラヤティ・ファギーオイルショック (oilshock:oilcrisis)石油危機(oil crisis)アバダーンホメイニーイラン革命と米大使館占拠人質事件ソ連・イラン条約ベルギー独立戦争

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone