コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イリェウス イリェウス Ilhéus

2件 の用語解説(イリェウスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イリェウス
イリェウス
Ilhéus

ブラジル中部東岸,バイア州南東部の都市。州都サルバドル南南西約 220km,大西洋イリェウス湾にのぞむ港湾都市で,カショエイラ川河口に近い。 1532年ポルトガル人が建設。背後にカカオ栽培地帯を控え,世界有数のカカオ積出港となっており,ほかにカカオ脂ブラジルゾウゲヤシ,木材などを積出す。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

イリェウス【Ilhéus】

ブラジル北東部,バイア州南部の港湾都市。人口13万5117(1991)。大土地所有制に基づく単一栽培を特徴とした,ブラジル最大のカカオ生産地にあり,その集散地として,かつては州第2の港でもあった。道路・車の発達と共に,鉄道の起点,港としての役割が減じ,代わって40km離れた交通の要地イタブナが発達して,両都市は1対をなす。ブラジルの代表的作家ジョルジ・アマドの出身地で,彼はこの町のカカオをめぐる社会史を舞台に数々の名作を書いている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

イリェウスの関連キーワードアイアンノブカンディサンルイスジュアゼイロジーロングナタルバイアブランカ伽耶サルバドールポルトセグーロ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone