コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イリ川 イリがわreka Ili

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イリ川
イリがわ
reka Ili

中国では伊犁の漢字をあてる。中国北西部のシンチヤン (新疆) ウイグル (維吾爾) 自治区とカザフスタンを流れる川。テンシャン (天山) 山脈東部のハンテングリ山 (6995m) 北斜面から北東流するテケス川と,5000m級のエレンハベルガ山脈南斜面から西流するキュネス (クンゲス) 川がイリ盆地で合流してイリ川本流となり,西流してカザフスタン領に入る。イリで北西に向きを変えてバルハシ湖西部に流入し,河口に大きな三角州をつくる。本流の長さ 1000km,テケス川水源からは 1439km。流域面積 14万 km2。上流部は山間の深い峡谷を流れるが,クルジャ (伊寧) からは広い谷を流れ,小型船舶が就航する。 12月~3月は結氷。中流,下流では河水が灌漑用水として利用される。河谷はかつて天山北路の一つとして重要な交通路であった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イリ川
いりがわ
Или Ili

中国西北部からカザフスタンにかけて流れる川。天山山脈に源を発して北西に流れ、カザフスタン共和国に入り、イリ盆地を北西流し、バルハシ湖に注ぐ。中国名は伊犂(イリ)河。上流部はテケス川とクンゲス川で、これらを含む全長は約1500キロメートル(イリ川となってからは1001キロメートル)、流域面積は15万4000平方キロメートル。中国の伊寧(いねい)(クルジャ)から上流部では山間部を流れ、下流部では広い谷を形成し、カザフスタンに入って砂漠を流れる。中流にイリの町があったが、水力発電用のダムが建設されて水没し、新たにカプチャガイの町ができた。イリ川の中流域の谷は、シルダリヤ地方とジュンガリア地方を結ぶ交通路となっている。流域最大の町はアルマトイ。[須長博明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

イリ川の関連キーワードジュンガルスキーアラタウ山脈チュルギシュ(突騎施)タルドゥイクルガン州アルマトイ自然保護区クルジャ(固爾札)市アナドゥイリ高原イリ(伊犂)将軍チュクチ自治管区イリ(伊犁)盆地バルハシ[湖]アルマトゥイアルマリックアナドゥイリモンゴル帝国コリャーク族アラトゥイリシルクロードオゴタイ汗国アルマトイ州マガダン州

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android