コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

準噶爾 ジュンガル

大辞林 第三版の解説

ジュンガル【準噶爾】

一七、八世紀に北西モンゴリア・天山北路で活躍したオイラートの一部族およびその遊牧国家。一七世紀後半から強盛になったが、1757年清の乾隆帝に滅ぼされた。ズンガル。 〔「準噶爾」とも書く〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

準噶爾の関連キーワードシンチヤン(新疆)ウイグル(維吾爾)自治区グルバンテュンギュト(古爾班通古特)砂漠チャンチー(昌吉)ホイ(回)族自治州カラマイ(克拉瑪依)特別市エビノール(艾比諾爾)湖アルタイ(阿勒泰)地区テンシャン(天山)山脈ターチョン(塔城)地区ランシン(蘭新)鉄道イリ(伊犁)自治州マナス(瑪納斯)湖カスティリオーネアルタイ[山脈]ウス(烏蘇)県チョチェク市十全の武功ウルムチカラマイ康煕帝軍機処

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android