コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イレシャ Ilesha

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イレシャ
Ilesha

ナイジェリア南西部の都市。イバダン東北東約 100kmに位置。ヨルバ王国最古の町の一つで,18~19世紀の部族間の紛争の時代には重要な軍事拠点となった。カカオをはじめコーラナッツ,パーム油パーム核,キャッサバ綿花などの集散地。付近で金を産する。王宮,教会,モスクなど歴史的建造物が残る。人口 33万 3900 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

イレシャ(Ilesa)

ナイジェリア南西部、オスン州の都市。イジェサとよばれる伝統的王制の王宮が置かれ、現在もオワ=オボクンという最高指導者による自治が行われる。農業が盛んで、かつてカカオの集散地として栄えた。イレサ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イレシャ
いれしゃ
Ilesha

西アフリカ、ナイジェリア西部、オヨ州、イバダン東方96キロメートルにある都市。人口36万9000(1995)。同名の郡の郡庁所在地。ココア集積地として一時栄えた。郡庁は市場の隣にあり、近くに王宮もある。町には19世紀初頭断続的に起きたヨルバ戦争の史跡がある。住民はほとんどが農民である。[島田周平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

イレシャの関連キーワードオショグボアルコ

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android