コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イロコイ同盟 いろこいどうめい

1件 の用語解説(イロコイ同盟の意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イロコイ同盟
いろこいどうめい
League of Iroquois

北アメリカの五つの先住民集団(ニューヨーク北部のハドソン川とジェネシー川との間の地方に住んでいたモホーク、オナイダ、オナンダーガ、セネカ、ケユーガ)が、白人との接触以前の16世紀からアメリカ独立革命期までの間に結成していた政治的連合。18世紀前半にタスカローラが加入し6部族連合となった。
 伝説では、1570年ごろに英雄デカナワイダとハイウォサによって、部族集団間の平和のため結成されたといわれる。自治権をもつ各部族集団の協議会から代表として選ばれた50人の平時の長が、大協議会を構成した。それは年1回、ニューヨークのオナンダーガで開かれ、各部族の代表から提案された司法、立法、軍事上の諸問題を討議し、全会一致方式で議決した。この同盟の機能は、1701年から独立戦争期までの間、英仏両勢力の争いのなかで中立の立場を維持したときにもっともよく発揮された。また、この連合方式は、アメリカ合衆国憲法制定の際、連邦制度のモデルとされたとする説があるが、確証はない。なお、イロコイ同盟を研究した民族学者L・H・モルガン(モーガン)が著書『イロコイ同盟』(1851)や『古代社会』(1871)でその社会的な機能を明らかにし、マルクスとエンゲルスの学説に影響を与えたことは有名である。[富田虎男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のイロコイ同盟の言及

【アメリカ・インディアン】より

…南・北両アメリカの原住民。人類学上はエスキモーとアレウト族を除く諸民族のことをいうが,一般には含める場合もある。そのなかで,北アメリカの原住民をアメリカ・インディアン,中南米の原住民をインディオと呼ぶのが日本では普通である。インディオという呼称は,新大陸を発見したコロンブスが,そこをインディアスと信じ,スペイン国王への報告書に原住民のことをインディオと書いたことに由来する。別称として〈アメリンディアンAmerindian〉〈アメリンドAmerind〉ともいう。…

【イロコイ諸族】より

…北アメリカ北東部の森林地帯に居住していたインディアンで,イロコイ系言語の話者の総称。そのなかで,セネカSeneca,カユガCayuga,オノンダガOnondaga,オナイダOneida,モホークMohawkの5部族(後にタスカローラTuscaroraが加入して6部族)がイロコイ同盟を結成していた。L.H.モーガンの研究によりイロコイ同盟は広く知られている。…

※「イロコイ同盟」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone