コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イワシャジン いわしゃじん

1件 の用語解説(イワシャジンの意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イワシャジン
いわしゃじん / 岩沙参
[学]Adenophora takedae Makino

キキョウ科の多年草。茎は長さ20~40センチメートル。根出葉は卵形、茎葉は広線形である。9~10月、日陰の岩場に垂れ下がって紫色の鐘形花を開く。関東西部、中部地方南東部に分布する。変種ホウオウシャジンは小形の高山型で赤石山脈南アルプス)の鳳凰山(ほうおうざん)に分布する。[高橋秀男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のイワシャジンの言及

【ツリガネニンジン(釣鐘人参)】より

…日本には10種ほど自生している。イワシャジンA.takedae Makino(イラスト)は東海地方に分布し,岩壁に生える。ソバナA.remotifolia Miq.は長い葉柄があり,本州~九州および朝鮮に分布し,ふつう谷筋に生える。…

※「イワシャジン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。