コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳳凰山 ほうおうさん

5件 の用語解説(鳳凰山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鳳凰山
ほうおうさん

山梨県西部,赤石山脈北部にある山。地蔵ヶ岳 (2764m) ,観音岳 (2840m) ,薬師岳 (2780m) の3山から成る。山頂は角閃黒雲母花崗岩から成るが,風化が激しい。地蔵ヶ岳山頂には比高約 60mの独立岩峰がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ほうおう‐ざん〔ホウワウ‐〕【鳳凰山】

鳳凰三山」に同じ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

鳳凰山【ほうおうざん】

山梨県西部,赤石山脈に属する地蔵ヶ岳(地蔵岳とも呼ばれる。2764m),観音ヶ岳(観音岳とも呼ばれる。最高峰,2841m),薬師ヶ岳(薬師岳とも呼ばれる。2780m)の総称。
→関連項目日本百名山韮崎[市]湯村[温泉]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ほうおうざん【鳳凰山】

山梨県西部,韮崎市と中巨摩(なかこま)郡芦安村の境にある山。地蔵ヶ岳(2764m),観音ヶ岳(2840m),薬師ヶ岳(2780m)の三つのピークをもち,鳳凰三山とも呼ばれる。赤石山脈に属し,南アルプス国立公園に含まれるが,主脈からは東にずれており,独立峰に近い様相を呈する。どっしりとした山容で,甲府盆地の西をさえぎるようにそびえる。地質は黒雲母花コウ岩からなり,風化して粒状に分解しやすいため,頂上部には岩屑(がんせつ)が散乱する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔山梨県〕鳳凰山(ほうおうざん)


山梨県の西部、赤石(あかいし)山脈(南アルプス)北部にある地蔵ヶ(じぞうが)岳(標高2764m)・観音ヶ(かんのんが)岳(同2840m)・薬師ヶ(やくしが)岳(同2780m)の総称。鳳凰三山ともいわれる。風化が進んだ花崗(かこう)岩からなり、地蔵ヶ岳には地蔵仏とよばれる約60mの高さの岩がある。深田久弥(ふかだきゅう)「日本百名山」の一つ。南アルプス国立公園北東端に位置する。古くから山岳信仰が盛んで、地蔵ヶ岳南側の賽(さい)の河原には子授け地蔵がある。東麓(とうろく)に青木(あおき)温泉・御座石(ございし)温泉がわく。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鳳凰山の関連キーワード赤石岳・赤石嶽赤石古墳秋田県大館市赤石芦安〈村〉山梨県山梨市南山梨県南巨摩郡愛知県田原市赤石愛知県田原市東赤石兵庫県豊岡市赤石高知県高知市赤石町

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鳳凰山の関連情報