コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

釣鐘人参 ツリガネニンジン

デジタル大辞泉の解説

つりがね‐にんじん【釣鐘人参】

キキョウ科の多年草山野に生え、高さ60~90センチ。根は白く太い。葉は輪生し、長楕円形。秋、青紫色の釣鐘形の花を輪生する。根を漢方で沙参(しゃじん)といい去痰(きょたん)剤とする。とときにんじん。 秋》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つりがねにんじん【釣鐘人参】

キキョウ科の多年草。山野に自生。高さ約70センチメートル。葉は輪生する。秋、茎頂に円錐花序を出し、青紫色の鐘状の花を花柄の先に下向きに輪生する。若葉はトトキといい食用になる。乾燥した根は沙参しやじんといい、鎮咳・去痰薬とする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

釣鐘人参 (ツリガネニンジン)

学名:Adenophora triphylla var.japonica
植物。キキョウ科の多年草,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

釣鐘人参の関連キーワードイワシャジン(岩沙参)円錐花序阿末奈トトキ去痰薬甘菜鐘状自生若葉

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android