コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イワダレゴケ Hylocomium splendens (Hedw.) B.S.G.

2件 の用語解説(イワダレゴケの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

イワダレゴケ【Hylocomium splendens (Hedw.) B.S.G.】

ヒヨクゴケ科の大型の美しい種で,日本の亜高山帯の代表的な蘚類(イラスト)。北半球高緯度地域に広く分布し,日本でも各地の高山に生育するが,とくに亜高山帯に多く,針葉樹林の林床に大きな群落をつくる。茎は斜上し,上半部で一平面上に羽毛のように規則正しく分枝する。翌年に主茎の上部から新芽が伸び出して同様に羽状に分枝する。この生長を年々繰り返すため,植物体は多層の塔や階段を思わせる姿となり,その長さが20cm以上に達する場合も多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イワダレゴケ
いわだれごけ
[学]Hylocomium splendens Hedw.

コケ植物ヒヨクゴケ科の1種。日本の亜高山針葉樹林帯の林床に発達するコケ群落の代表的なものとして本種があげられる。茎は斜めに立ち上がり、上のほうではほぼ水平に向き、この部分が2、3回規則的に枝分れして枝が水平に広がる。枝が出る付近から次年に成長する茎の芽が出て、同じような成長を繰り返すので、植物体は階段状に伸び、大形のものは長さ20センチメートルほどにもなる。葉は小さく、ほとんど鱗(うろこ)状で、中央脈は細くて短い。本種は、北半球に広く分布し、日本では全国の針葉樹林帯に及ぶ。[井上 浩]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イワダレゴケの関連キーワード浮苔蛇苔白髪苔花苔比翼茣蓙泡苔大杉蘚銀蘚地図苔水蘚

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone