コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イワチドリ Amitostigma keiskei (Maxim.) Schltr.

2件 の用語解説(イワチドリの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

イワチドリ【Amitostigma keiskei (Maxim.) Schltr.】

西日本の沢沿いの岩壁に生える小型のラン科植物。紅紫色のやや大型の花が美しい。和名は花が千鳥に似ているので,生育地にちなんで岩千鳥とついた。楕円体状の塊根より伸びた茎は高さ5~10cm,下部に1枚の葉をつける。葉は披針形で長さ3~5cm。5~6月に直径約1cmの花を1~5個つける。萼片および花弁は小さく,長さ4mmくらい,ややかぶと状になる。唇弁は大きく目立ち,長さ約10mm,深く3裂し,中裂片はさらに先端が2裂する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イワチドリ
いわちどり / 岩千鳥
[学]Amitostigma keiskei (Maxim.) Schltr.

ラン科の多年草。塊根は球状に肥厚する。花茎は高さ5~10センチメートル、下部に1葉をつける。葉は披針(ひしん)形、長さ3~5センチメートル。5~6月に頂生花序に1センチメートルほどの淡紅色の花を1~5個つける。唇弁が大きく目だち、深く3裂し、中裂片はさらに先端が2裂する。長さ2~2.5ミリメートルの短い距(きょ)がある。本州の中部地方以西、四国の沢沿いの湿った岩壁に生育する。名は花を鳥に見立て、岩場に生育することによる。[井上 健]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イワチドリの関連キーワード岩桐草羽蝶蘭海鵜銀蘭采配蘭布袋蘭山紫陽花岩千鳥庚申草イワノリ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone