コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イワヒメワラビ Hypolepis punctata (Thunb.) Mett.

世界大百科事典 第2版の解説

イワヒメワラビ【Hypolepis punctata (Thunb.) Mett.】

本州以南の暖地林縁や明るい林床,草地に普通にみられるコバノイシカグマ科の多年生シダ植物(イラスト)。根茎は長くはう。葉は3~4回羽状に切れこみ,長く伸びてやぶ状のしげみを作ることが多い。全体に白色のやわらかい腺毛があり,若葉はいくらかねばつく。胞子囊群は脈の先端につき,葉の裏面に位置して,包膜をつけない。好条件下では,葉の形は展開時に決まってしまうことがなく,ウラジロのように生長がほとんど無限に続く習性がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イワヒメワラビ
いわひめわらび / 岩姫蕨
[学]Hypolepis punctata Mett.

イノモトソウ科の夏緑性シダ。ワラビのように長く匍匐(ほふく)する根茎から、ヒメワラビのように2~3回羽状に分裂する葉をまばらに分出する。全体に白色の柔らかい毛を密生しているので、ワラビやヒメワラビと区別できる。裂片は長楕円(ちょうだえん)形で鈍頭、浅く裂け、中脈と縁の中間に小円形の胞子嚢(ほうしのう)群を生じるが、包膜を欠く。葉柄は毛の落ちた跡が残ってざらざらする。宮城県、秋田県以南の暖地の明るい草原や林の周縁に生育する。[西田 誠]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

イワヒメワラビの関連キーワードイノモトソウ科不定芽西田

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

イワヒメワラビの関連情報