コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イワユキノシタ Tanakaea radicans Fr.et Sav.

2件 の用語解説(イワユキノシタの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

イワユキノシタ【Tanakaea radicans Fr.et Sav.】

谷沿いの湿った岩壁に群落を作って生えるユキノシタ科多年草イラスト)。急斜面の特殊な環境に適応した珍しい植物である。雌雄異株で,細長い走出枝を出し,先端が地上について新苗となり,ふえる。葉は根生し,常緑,あらく毛の生えた長い柄があり,葉身は卵状楕円形で,長さ1.5~9cm,幅1~5cm,革質で厚く,裏はふつう紅紫色を帯びる。5~6月に,円錐状の花序に多数の小さな白い花をつける。萼裂片は白色で5枚,花弁はない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イワユキノシタ
いわゆきのした / 岩雪下
[学]Tanakaea radicans Fr. et Sav.

ユキノシタ科の多年草。細長い走出枝を出し、先端が地上について新苗となり増える。葉は根際につき、卵状楕円(だえん)形、革質で厚く、裏面は普通、紅紫色を帯びる。5~6月、円錐(えんすい)花序に多数の小さな白い花をつける。萼(がく)裂片は白色で5枚、花弁はない。雌雄異株。雄花の雄しべは10本で、雌しべは退化し、雌花では2心皮からなる上位の子房のみがある。谷沿いの湿った岩壁に群落をつくって生え、本州の東海地方、四国に分布する。この属には中国西部にもう1種あるだけの珍しい植物である。[若林三千男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イワユキノシタの関連キーワード群落岩壁岩タバコ群生植物群落山芹栗葉蘭高野蕨直瀑山藺

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone