コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イワユキノシタ Tanakaea radicans Fr.et Sav.

世界大百科事典 第2版の解説

イワユキノシタ【Tanakaea radicans Fr.et Sav.】

谷沿いの湿った岩壁群落を作って生えるユキノシタ科多年草(イラスト)。急斜面の特殊な環境に適応した珍しい植物である。雌雄異株で,細長い走出枝を出し,先端が地上について新苗となり,ふえる。葉は根生し,常緑,あらく毛の生えた長い柄があり,葉身は卵状楕円形で,長さ1.5~9cm,幅1~5cm,革質で厚く,裏はふつう紅紫色を帯びる。5~6月に,円錐状の花序に多数の小さな白い花をつける。萼裂片は白色で5枚,花弁はない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イワユキノシタ
いわゆきのした / 岩雪下
[学]Tanakaea radicans Fr. et Sav.

ユキノシタ科の多年草。細長い走出枝を出し、先端が地上について新苗となり増える。葉は根際につき、卵状楕円(だえん)形、革質で厚く、裏面は普通、紅紫色を帯びる。5~6月、円錐(えんすい)花序に多数の小さな白い花をつける。萼(がく)裂片は白色で5枚、花弁はない。雌雄異株。雄花の雄しべは10本で、雌しべは退化し、雌花では2心皮からなる上位の子房のみがある。谷沿いの湿った岩壁に群落をつくって生え、本州の東海地方、四国に分布する。この属には中国西部にもう1種あるだけの珍しい植物である。[若林三千男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

イワユキノシタの関連キーワード固有種

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android