インカムアプローチ(読み)いんかむあぷろーち

会計用語キーワード辞典の解説

インカムアプローチ

企業買収における主な企業評価方式のひとつで、収益価値を基準とするアプローチです。すなわち、将来獲得されるリターン(利益、キャッシュフロー配当)を現在価値に還元評価し、企業価値・事業価値を算定します。M&Aの際の評価方法としては最もポピュラーな評価方法です。代表的なものは「DCF(ディスカウンテッド・キャッシュフロー)法」であり、評価対象企業の将来キャッシュフローにリスクを反映させた割引率を適用し算定します。

出典 (株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」会計用語キーワード辞典について 情報

M&A用語集の解説

インカムアプローチ

企業買収における主たる企業評価方式のひとつで、収益価値を基準とするアプローチのこと。将来獲得されるリターン(利益、キャッシュフロー、配当)を現在価値に還元評価し、企業価値・事業価値を算定する。M&Aの際の評価方法としてはポピュラーな評価方法である。代表的なものは「DCF(ディスカウンテッド・キャッシュフロー)法」であり、評価対象企業の将来キャッシュフローにリスクを反映させた割引率を適用し算定する。ほかに「収益還元法」や、「モンテカルロDCF法」、「リアルオプション法」等が含まれる。

出典 株式会社ストライクM&A用語集について 情報

産学連携キーワード辞典の解説

インカムアプローチ

「インカムアプローチ」とは、知的資産の評価手法の1つ。企業の経済活動の内、知的資産の寄与分を将来に渡って推計し、それらを元に知的資産の価値を評価する方法。「インカムアプローチ」は、知的資産の価値を生み出す利益によって評価するため、一般的によく用いられている。手法としては、DCF法(ディスカウント・キャッシュ・フロー法)やモンテカルロDCF法が一般的である。

出典 (株)アヴィス産学連携キーワード辞典について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android