コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インスタグラム いんすたぐらむInstagram

5件 の用語解説(インスタグラムの意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

インスタグラム

iPhoneまたはAndroid端末で画像や短時間動画を共有する、無料のスマートフォン・アプリ及びそれを用いたサービスのこと。写真に特化したSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)と言え、スマートフォンで撮影した画像やカメラロールに入っている画像を多彩なフィルターで様々に加工し投稿・共有できる。また、FacebookTwitter・foursquare・Tumblrなど、他のSNSにも写真を投稿することができる。2010年10月6日にアップル社のApp Storeに登場し、14年2月現在、全世界で1億5000万人のユーザーを獲得、1日に5500万枚が投稿され、160億枚が共有されている画像SNSの最大手に成長した。12年4月にFacebookにより10億ドルで買収されたが、デザインフィルターの拡充や対応原語(20カ国以上)の拡大など、独自の進歩・発展を続けている。

(2014-9-4)

出典|朝日新聞出版
知恵蔵miniについて | 情報

知恵蔵の解説

インスタグラム

iPhoneやAndroidなどのスマートフォンで、写真や動画を簡単にシェアすることが出来るアプリやサービスを指す。米国のケビン・シストロムとマイク・クリーガーによって設立されたベンチャー企業が開発し、2010年10月にiPhoneなどのiOS用のアプリを公開した。同年末には、100万人の登録ユーザーを獲得し、12年4月には、Facebookによって10億ドルで買収された。
インスタグラムでは、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)機能によって、自分の写真を他人とシェアすることが出来るが、そのためには、ユーザー個々を識別し、同サービスにログインするための「アカウント」が必要となる。アカウントは、メールアドレス電話番号、任意のパスワードを登録することで取得でき、Facebookのアカウントと連携させることも可能。
インターネット上で写真を共有する他の有名なアプリには、「Pinterest」や「Tumblr」などがあるが、インスタグラムが、これらのアプリと大きく異なるのは、写真を編集する機能が充実している点だ。インスタグラムでは、写真を撮影した直後か、既にスマートフォンに保存されている写真を選択した時に、フィルターの種類を選び、写真の雰囲気を変えることが出来る(フィルターの数は14年10月現在で20種類)。
また、写真の細部を浮かびあがらせ、より色鮮やかにする「Lux」と呼ばれる機能で、色調が自動で調整される他、ツール機能によって、傾き調整、明るさ、コントラスト、彩度、影など10種類の加工をすることも出来る。
写真を他人とシェアする場合は、「フォロワーメニューを選択することで、Instagramにアップロードし、自らのサービス内で共有できる以外に、Facebook、Twitter、Tumblrなどの他のSNSからシェア先を選択して、自分のフォロワーに写真を見せることも出来る。また、「ダイレクト」メニューを選択すれば、フォロワー以外のシェアしたい相手を都度指定出来る。複数の相手を指定することも可能だ。
13年6月には、最大15秒までの動画を撮影して編集・投稿することも可能となった。14年3月には、Instagramユーザー数は全世界で2億人を突破している。

(横田一輝 ICTディレクター/2014年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

インスタグラム

2010年に始まったスマートフォン向けの写真共有アプリ。スマホの写真の明るさや色合いを調節し、気軽に共有できるのが特徴。昨年末、全世界の月間利用者数が3億人を突破し、国内でも約870万人が利用している。ユーザーの約4割を18~29歳が占める。

(2015-08-03 朝日新聞 朝刊 香川全県・1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

デジタル大辞泉の解説

インスタグラム(Instagram)

米国の大手写真共有サービスの一。2010年にサービス開始。同名のモバイルアプリを提供、スマートホンなどで撮影した写真を、レトロ風や映画風などに加工できる各種フィルターが用意されている。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

インスタグラム
いんすたぐらむ
Instagram

スマートフォンなどで撮影したデジタル写真に、画像編集を加えて共有するSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の一つ。インスタグラムは「インスタント」(即時)と「テレグラム」(電報)を組み合わせた造語である。スマートフォンやタブレット用に提供される無料のアプリを起動して撮影、投稿する。投稿はツイッターTwitterやフェイスブックFacebookなどと連動させることもできる。2010年10月にアメリカでサービスが開始されると、アプリはiPhone(アイフォーン)用のみであったにもかかわらず3か月で100万ユーザーを突破した(2012年4月にはアンドロイド版アプリをリリース)。総ユーザー数は未発表であるが、月間のアクティブユーザーは3億人を超えるとされる(2014年12月時点)。2012年にはフェイスブックが買収し、SNSサービスの統合が図られた。
 インスタグラムで撮影した写真や動画は、豊富なフィルターによって画像加工を施すことができ、何気ないシーンでも独特の雰囲気を表現することができる。画像の縦横比は当初インスタント写真のように正方形のみであったが、2015年8月に縦長(ポートレート)と横長(ランドスケープ)にも対応するようになった。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

インスタグラムの関連キーワードNexusXperiaiPhoneiフォーンAndroidウイルスiPhoneSIMフリー版iPhoneOS X YosemiteKindle FireiOS4

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

インスタグラムの関連情報