コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電報 でんぽうtelegram

翻訳|telegram

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

電報
でんぽう
telegram

公衆電気通信の一分野(→電気通信)。電信方式によって伝送,受信地で印刷され送達される通信文(電信文),あるいは通信事業の総称。1837年,アメリカ合衆国のサミュエル・F.B.モースが,電気信号を電磁石の動きとして受信する電信機を発明,特許を得た(→モールス符号)。1843年,モースはアメリカ政府の援助を受け,ワシントンD.C.―ボルティモア間の通信実験に成功。1844年5月24日,電信システムが実用化された。日本では 1869年,東京―横浜間で取り扱いが開始された。1871年,長崎―シャンハイ(上海)間,長崎―ウラジオストク間に国際電信が開通した。郵便より迅速な点が重宝されたが,20世紀後半以降,電話ファクシミリ携帯電話電子メールの普及によって利用がかぎられ,今日では慶弔電報がその中心となった。電気通信事業法に基づき,NTT東日本・NTT西日本(→日本電信電話)が取り扱う電報の種類には,通常電報(かな電報,漢字電報)のほか,緊急定文電報,無線電報(和文無線電報,欧文無線電報)がある。国際電報は KDDI(→ケイディディ)が扱い,人命安全電報,国際連合憲章電報,官報,気象電報,赤十字電報,ITU料金免除電報(→国際電気通信連合)がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

でん‐ぽう【電報】

発信者の原文を電信で送り、先方で再現して受信者に配達する通信。「電報を打つ」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

電報【でんぽう】

公衆電気通信の一つ。電信文を受付電報取扱局から印刷電信により名あて地の電報取扱局へ送達し,きわめて短時間で着信人に配達する。料金は電信文の字数によりきまる。近年電話やファクシミリの普及により一般通信の利用は著しくへったが,慶弔の電報は増加している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

でんぽう【電報 telegram】

公衆向けの記録方式による電気通信サービスの一種。公衆から依頼された電報文は通信士によって電報中継網に入力され,それを受信した電報局によって受取人の家まで配達される。もっとも,ほとんどの家庭に電話が普及するようになったので,電報の受付や配達にも電話が用いられることが多くなった。電報はメディア特性として,手軽に発信できるという簡便性,受取人にすぐ届くという迅速性,記録として残るという証拠性など,多くの優れた点を有していたことから,他の電気通信サービスが未発達の時代においては重要なコミュニケーション手段であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

でんぽう【電報】

電信施設を使用して送受する通信。また、その通信文。 「 -を打つ」 「慶弔-」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

電報
でんぽう
telegram

通信内容を電気通信手段で伝送し、紙などに印刷して配達するサービス。電信といわれたこともある。電話のように音声ではなく文字などの記録が届く点と、利用者が設備をもたなくても利用できる点が他の電気通信サービスと異なる。電報で送られた通信内容をさすこともある。手軽に利用できる簡易性、受取人に速く届く迅速性、記録が紙面に残る証拠性といった特徴をもつ。電気通信手段としてはもっとも早くから利用された。[笠井哲哉]

歴史

電報は、モールス符号の発明者として知られているアメリカ人S・F・B・モースが1837年に作製した電信機をもとにして、政府、報道、鉄道などの業務用として普及し、さらに一般の人々にも広く利用されるようになった。アメリカでは民営事業として始まったが、多くの諸国では国営事業として経営されてきた。日本では1870年1月26日(明治2年12月25日=旧暦)に東京―横浜間で国内電報の取扱いが政府の手で始まり、1871年には長崎―上海(シャンハイ)間および長崎―ウラジオストク間で国際電報の取扱いが大北(たいほく)電信会社(本社デンマーク)によって始められた。当初は妨害もあったが、その後、国家近代化に不可欠な通信網の一部として急速に全国へ普及した。電報事業の経営は、政府直営から日本電信電話公社(現、日本電信電話株式会社グループ)と国際電信電話株式会社(現、KDDI)の経営の時代を経て、両社の後継会社のみが提供できるものとされている。[笠井哲哉]

種類と利用状況

電報の種類には、通常電報(一般電報、慶弔電報)のほかに、一定の文例のみを送ることができる緊急定文電報、船舶との間で使われる無線電報がある。
 電報の発信方法としては、取扱い窓口に申し込むほか、電話、ファクシミリ、インターネットを通じて発信することもできる。
 初期の電報は、電気信号でモールス符号を送り、受信側では音の長短を文字や数字に翻訳して配達した。その後、文字などに対応する穴をあけた紙テープを利用して電気信号を送る方式にかわった。さらに、電報の受付と送信を同時に行い、紙テープが不要になるとともに、漢字を使った横書きの定例文も送ることができるようになった。また、電気信号を送る方法として最初は有線電気通信が使われたが、のちには無線通信も使われるようになった。現在は、同軸ケーブル、光ファイバー、衛星通信なども使われている。
 電報は緊急通信手段の代表とされていたが、電話、ファクシミリ、データ通信など他の電気通信サービスの普及に伴い、利用数が大幅に減少している。また、利用の内容では慶弔用のものが大部分を占めている。
 電報事業では、中継交換、処理システムの自動化などを通じて、他メディアとの融合が進められている。また、電報を開くとメロディが聞こえてくるメロディ電報や、押し花入り電報など付加価値の高いものも利用できるようになっている。[笠井哲哉]

電報類似サービス

2003年(平成15)4月の信書便法施行に伴い、電話やインターネット等により受け付けたメッセージ等を印刷し、台紙に添付などして宛先まで配達する電報類似サービスを提供する、特定信書便事業者が参入している。[笠井哲哉]
『総務省編『情報通信白書』各年版(ぎょうせい。平成12年版までは郵政省編『通信白書』)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の電報の言及

【電信】より

…これは54年(安政1)にペリーがモールス電信機を将軍に献上するより5年も前のことであった。事業としての電信は,外国ではアメリカにおいて1845年にニューヨーク~ボルティモア間の実用電信に始まるが,日本では70年(明治2)に東京~横浜間で公衆電報の取扱いを開始した。電報はその後,95年G.M.マルコーニの無線電信の発明,1910年ウェスタン・エレクトリック社の調歩式印刷電信機の発明など新たな通信技術の導入により,各国とも外交,産業をはじめ国民の日常生活に至るまでのあらゆる面で重要,緊急時の通信手段として利用されてきた。…

※「電報」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

電報の関連キーワード印刷電信符号テレグラムテレグラフ託送電報追尾電報電報用紙tel.予約電報受信人C/T発信人頼信紙特電電請公衆初電着電打電弔電LT

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

電報の関連情報