インターバルトレーニング(英語表記)interval training

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インターバルトレーニング
interval training

スポーツトレーニング方法。特に陸上競技水泳に用いられる。1952年ヘルシンキ・オリンピック競技大会で 5000m,1万m,マラソンの 3種目に優勝したエミール・ザトペック未分化ではあるが初めて用いた方法で,以後世界的に普及した。自己の記録や公認記録距離インターバルあるいは区間)で割ってその区間(急走区)を一定スピードで走る練習をし,次に休息区間(緩走区)をおき第2,第3の急走区間を一定のスピードで走り,最後には競技で決められた距離を続けて走ることにより,記録を更新する方法。生理学的には心臓の機能が向上し,持続トレーニングと比べ能率的な方法とされている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

インターバル‐トレーニング

〘名〙 (interval training) スポーツで、全身持久力を養う練習法。最大スピードの七〇~八〇パーセントのスピードで、ある距離を走り(または泳ぎ、滑り)、次にその距離を二倍くらいの時間でゆっくり走る(泳ぐ、滑る)ことを繰り返して、心肺機能を強くする。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

インターバル‐トレーニング(interval training)

陸上競技で、中・長距離競走の代表的な練習法の一。一定の間隔疾走とゆっくり走ることとを繰り返し、スピード・持久力などをにつける。短距離走・水泳競技の練習方法としても応用される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

栄養・生化学辞典の解説

インターバルトレーニング

 一定の時間的間隔をとってトレーニングすること.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android