コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インターバルトレーニング インターバルトレーニングinterval training

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インターバルトレーニング
interval training

スポーツのトレーニング方法。特に陸上競技水泳に用いられる。1952年ヘルシンキ・オリンピック競技大会で 5000m,1万m,マラソンの 3種目に優勝したエミール・ザトペックが未分化ではあるが初めて用いた方法で,以後世界的に普及した。自己の記録や公認記録距離(インターバルあるいは区間)で割ってその区間(急走区)を一定スピードで走る練習をし,次に休息区間(緩走区)をおき第2,第3の急走区間を一定のスピードで走り,最後には競技で決められた距離を続けて走ることにより,記録を更新する方法。生理学的には心臓や肺の機能が向上し,持続トレーニングと比べ能率的な方法とされている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

インターバル‐トレーニング(interval training)

陸上競技で、中・長距離競走の代表的な練習法の一。一定の間隔疾走とゆっくり走ることとを繰り返し、スピード・持久力などを身につける。短距離走水泳競技の練習方法としても応用される。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

栄養・生化学辞典の解説

インターバルトレーニング

 一定の時間的間隔をとってトレーニングすること.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

インターバルトレーニング【interval training】

急激な運動と緩慢な運動を組み合わせたトレーニング方法。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

インターバルトレーニングの関連キーワードレペティショントレーニング無酸素運動有酸素運動高橋 進運動

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

インターバルトレーニングの関連情報