コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インテンシブ・メソッド インテンシブ・メソッド intensive method

2件 の用語解説(インテンシブ・メソッドの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インテンシブ・メソッド
インテンシブ・メソッド
intensive method

エクステンシブ・メソッドとともに社会調査アプローチを2分する方法。少数の事例を対象に,ある社会事象を全体関連的に深くとらえる調査方法。事例研究法の形で行われる

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

インテンシブ・メソッド
いんてんしぶめそっど
intensive method

少数の事例について、観察や面接を主として、その個別性に即して、多方面にわたって全体関連的に詳細に分析、記述する社会調査の方法。事例調査法case methodとほぼ同義である。調査対象のいくつかの側面を全体のなかから切り取り、客観的な質問紙や検査などによって大量に把握するエクステンシブ・メソッド(または統計調査法statistical method)と対比させてみれば、調査対象の側にたった把握、データの質的・個別的な深みが期待できる反面、調査対象との深いかかわりのなかで情緒的に一体化しやすく、それがかえって冷静な事実観察を妨げる可能性もある。また、データが少数であるため、個別な認識のレベルにとどまり、結果を統計調査の場合と同様の意味で一般化するには限界がある。事例の単位は、個人のみならず、集団や地域社会になることもあり、家族や病理集団、未開社会などの研究に用いられてきている。[原 純輔]
『安田三郎・原純輔著『社会調査ハンドブック』第3版(1982・有斐閣) ▽盛山和夫著『社会調査法入門』(2004・有斐閣)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

インテンシブ・メソッドの関連キーワードエクステンションオーバーライドメソッドサイトメソッドタッチメソッドオーラルメソッドポーラーメソッドヘアエクステンションエクステンションテーブルヘアーエクステンション

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone