コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インディアン・ヘッド インディアンヘッド

百科事典マイペディアの解説

インディアン・ヘッド

平織の綿織物の一種。地厚で麻のような感じをもつ。無地染,プリント物が多く,夏の服地,テーブル・クロス,カーテンなどにされる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

インディアン・ヘッド
いんでぃあんへっど
Indian head

インド人のターバンからとった生地名称であるが、Indian Head Mills Inc.の登録商標でもある。太番手の綿糸を用い、平織にした素朴で独特の風合いをもつ厚手の織物であるが、市販のものには名称だけのものもある。一般には漂白したのち、糊(のり)づけを施し、つや出し加工をするが、縞(しま)やプリントのものもみられる。夏のブラウス地から婦人服地、テーブルクロス、カーテン地など広範囲に用いられている。[角山幸洋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

インディアン・ヘッドの関連情報