インディアン・ヘッド(読み)インディアンヘッド

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

インディアン・ヘッド
いんでぃあんへっど
Indian head

インド人のターバンからとった生地名称であるが、Indian Head Mills Inc.の登録商標でもある。太番手の綿糸を用い、平織にした素朴で独特の風合いをもつ厚手の織物であるが、市販のものには名称だけのものもある。一般には漂白したのち、糊(のり)づけを施し、つや出し加工をするが、縞(しま)やプリントのものもみられる。夏のブラウス地から婦人服地、テーブルクロス、カーテン地など広範囲に用いられている。[角山幸洋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android