インディ500(読み)いんでぃごひゃく(英語表記)Indy 500

知恵蔵の解説

1911年に始まった自動車レースで、正式名称はインディアナポリス500マイルレース(Indianapolis 500)。毎年5月のメモリアルデー(戦没将兵追悼記念日)直前の日曜日に、アメリカ合衆国インディアナ州にあるインディアナポリス・モーター・スピードウェイで行われており、一つの場所で開催されているレースとしては世界で最も長い歴史を誇る。観客動員数40万人を誇るアメリカ最大のモータースポーツイベントで、F1モナコグランプリ、ル・マン24時間耐久レースと共に、世界三大レースの一つとして数えられている。
1周2.5マイル(約4キロメートル)のオーバル(楕円形)コースを、予選を通過した33台のフォーミュラーカーが左回りで200周して順位が争われる。四つのコーナーは傾斜角度が約9度のバンクになっており、大きくスピードを落とさずに曲がることができるため、周回平均速度は時速350キロメートル以上、最高速度は時速380キロメートルに達する高速レースである。
日本人ドライバーがインディ500を走ったのは91年の第75回大会におけるヒロ松下が最初で(16位)、2017年現在、計10人のドライバーが参戦している。17年の第101回大会では、佐藤琢磨が日本人として初めて優勝を飾った。インディアナポリス・モーター・スピードウェイの公式サイトは、第101回大会の賞金総額は1317万8359ドル(約14億6000万円)で、優勝した佐藤琢磨は245万8129ドル(約2億7200万円)を獲得すると報じている。

(場野守泰 ライター/2017年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

百科事典マイペディアの解説

正称インディアナポリス500マイル・レース。楕円(だえん)形に近い,単純な形が特徴的なオーバルコースを使用した世界的に名の知れた自動車レース。米国インディアナ州インディアナポリスで毎年5月30日の戦没将兵記念日に行われる。第1回は1911年。1周2.5マイルのコースを200周走る。時速300km以上のスピードを3時間持続する集中力が要求される。以前は独立したレースだったが,その後,インディ500を中心にレースを運営する団体とチャンピオンシップ・オート・レーシング・チームズ(CART)に分かれた。前者は米国国内のみ,後者は米国各地のほか外国でも開催。1998年のシーズンからは日本(栃木・ツインリンクもてぎ)でもシリーズ戦の一戦が行われている。
→関連項目自動車競走

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android