インノケンチウス6世(読み)インノケンチウスろくせい(英語表記)Innocentius VI

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インノケンチウス6世
インノケンチウスろくせい
Innocentius VI

[生]? ベサック,モン
[没]1362.9.12. アビニョン
フランス出身の教皇 (在位 1352~62) 。本名 Etienne Aubert。 1338年より各地の司教を歴任,42年枢機卿,52年内赦院長官。簡素で有徳の生活をもって教会内の改革を行なった。 54年リエンツィの反乱鎮圧によりカルル4世をローマで戴冠させた。ローマ帰還には失敗。 60年英仏和約などヨーロッパの平和と東西教会合同に奔走したが,成功を収めることはできなかった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android