コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インノケンチウス6世 インノケンチウスろくせいInnocentius VI

1件 の用語解説(インノケンチウス6世の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インノケンチウス6世
インノケンチウスろくせい
Innocentius VI

[生]? ベサック,モン
[没]1362.9.12. アビニョン
フランス出身の教皇 (在位 1352~62) 。本名 Etienne Aubert。 1338年より各地の司教を歴任,42年枢機卿,52年内赦院長官。簡素で有徳の生活をもって教会内の改革を行なった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

インノケンチウス6世の関連キーワード正平貞治東大寺の東塔康安資治通鑑貞治勅撰作者部類鳥居峠真実物語河海抄

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone