コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インプレースリーチング in‐place leaching

世界大百科事典 第2版の解説

インプレースリーチング【in‐place leaching】

鉱体から鉱石を採掘し,選鉱,製錬の工程を経て目的金属を回収する代りに,鉱体からその場で直接に金属を溶出させ,回収する方法をいう。収率は一般に低いが採鉱,選鉱などに要する経費が大幅に削減されるため,ふつうの方法では経営が成り立たないような低品位の鉱床や,ふつうの方法による採掘を終了した鉱床などに対し,しばしば適用される。日本では岩手県の土畑銅鉱山で行われたことがある。 インプレースリーチングにおいては,金属を溶出した浸出液が効率よく回収できるような地質条件に恵まれていることが前提となる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のインプレースリーチングの言及

【リーチング】より

… リーチングは精鉱や焙焼鉱に対する製錬技術としてばかりでなく,酸化鉱などを対象とする金属の直接採取法としても広く応用されている。この場合に粗砕きした鉱石を大きなタンクに入れて空気吹込みによる酸化とかくはんを行いながら金属元素を溶かし出すバットリーチングvat leaching,鉱石をヤード(貯鉱)に堆積し,これに薄い酸やアルカリの溶液を循環・散布するヒープリーチングheap leaching,鉱体に多数の割れ目を入れ,直接に水や酸を循環させるインプレースリーチングなどの方法がある。また坑内に生息する鉄酸化バクテリアなどを育成し,その働きを利用するリーチング法はバクテリアリーチングと呼ばれる。…

※「インプレースリーチング」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

インプレースリーチングの関連キーワードソリューション・マイニング土畑鉱山

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android