コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出液 シュツエキ

3件 の用語解説(出液の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しゅつ‐えき【出液】

植物の茎を切ると、切り口から水が出る現象。溢泌(いっぴつ)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しゅつえき【出液】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

出液
しゅつえき

植物の茎や幹を切断すると、傷口から液が排出する現象で、溢泌(いっぴつ)ともいう。ブドウ、カバノキ、ミズキなどでとくに著しい。根圧によっておこる場合が多いが、サトウカエデなどは幹圧によるといわれる。出液水は道管液で、純水に近いものから種々の塩類や有機物を含むものまである。塩類としてはリン酸、ケイ酸塩、有機物としては糖類、アミノ酸、有機酸などがみいだされる。ミズキなどの落葉樹では、春先に葉の出ないときに根圧が高まり、出液がみられるが、葉が出ると根圧が低下して出液は止まる。しかし、クワやヘチマでは夏期葉が茂っているときに出液が盛んになる。出液の圧はミズキ、ブドウなどでは2気圧に達し、一般に昼間に高く、夜間は比較的低い。出液量も一昼夜に5~15リットルに達することがある。ホットケーキなどにかけるメープルシロップはサトウカエデの出液を集めたものである。[吉田精一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

出液の関連キーワード泡吹金切り声竜の口手を切る糸瓜水身を切る目が出る切口灯台草鳴門巻き

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

出液の関連情報