コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イーカーア

百科事典マイペディアの解説

イーカーア

アラブの拍節法。リズム型ないしリズム周期。古典詩の韻律法の概念を音楽に応用したため,名称は韻律の名と同じものが多いが,リズム周期としての実態は必ずしも両者一致しない。
→関連項目ウスール

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イーカーア【īqā‘[アラビア]】

アラブ音楽のリズム,またはリズム型のこと。アラブ音楽では,リズムは,いくつかの拍の組合せからなる,ある一定の長さをもつリズム型の周期的な繰返しによって形づくられる。リズムの基本となる拍には,太鼓の打ち方によって,強拍ドゥムdumと弱拍タクtakとをはじめとする数種類があり,それらの拍の中のいくつかと休止の組合せによって一つのリズム型がつくられる。リズム型には長・短さまざまあり,その数は100以上に及ぶ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報