コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィグナー効果 Wigner effect

法則の辞典の解説

ウィグナー効果【Wigner effect】

大きなエネルギーをもつ中性子荷電粒子が結晶に入射したとき,格子点にある原子を叩き出して格子間の位置に押し込み,いわゆるフレンケル欠陥*を作り出す.原子炉材料に用いられる黒鉛などにおいては重大な現象であり,ときとして急激な体積増加(これは「ウィグナー解放」とも呼ばれる)の源となる.加熱処理により最初の状態に復元することは可能である(チェルノブイリ原子力発電所事故の原因の一つだとも考えられている).

出典|朝倉書店法則の辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ウィグナー‐こうか〔‐カウクワ〕【ウィグナー効果】

放射線損傷

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ウィグナー効果の関連キーワードコールダーホール型原子炉フレンケル欠陥

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android