ウィグルズワース(英語表記)Wigglesworth, Michael

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウィグルズワース
Wigglesworth, Michael

[生]1631.10.18. ヨークシャー
[没]1705.6.10. マサチューセッツ,モルデン
アメリカの牧師,詩人。イギリスで生れたが,幼時ピューリタンの父母とともにアメリカに移住。ハーバード大学卒業後牧師となる。代表作の宗教的叙事詩『最後の審判』 The Day of Doom: or a Poetical Description of the Great and Last Judgment (1662) は,最後の審判に関するカルバン主義の教義を説いたもので,19世紀初頭にいたるまで聖書に次いで広く読まれた。また内省的な日記を残し,当時のピューリタンの内面を知る資料の一つとなっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android