ウィンドラス(読み)うぃんどらす(英語表記)windlass

翻訳|windlass

世界大百科事典 第2版「ウィンドラス」の解説

ウィンドラス【windlass】

ようびよう)機ともいう。錨を引き上げるための甲板機械で,ふつうは船首の甲板上に設ける。ごく小型の60kgくらいの重量の錨用には手動式もあるが,大型ではすべて動力式である。錨鎖がはまり込む形状・寸法の鎖溝をもつ巻取車輪を備え,これを歯車で回転させながら巻き揚げ,巻き揚げた錨鎖は錨鎖庫に下ろす。投下の際にはクラッチを外して巻取車輪を空転させ,錨の自重を利用する。またふつう巻取車輪の両軸端には綱巻胴が設けられており,これで係船用の索の巻取りも行われる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「ウィンドラス」の解説

ウィンドラス
うぃんどらす
windlass

船首に格納された錨(いかり)を海中に投下したり、投錨(とうびょう)中の錨を揚収するために用いる機械。揚錨機(ようびょうき)ともいう。錨は、錨鎖庫(びょうさこ)(チェーンロッカー)に収納されているアンカーチェーン(錨鎖)と連結しており、チェーンの繰出し、繰込み操作により錨の投下、揚収が行われる。ウィンドラスは水平軸回りに回転するケーブルホルダー(ジプシーホイール)をもっており、これがアンカーチェーンとかみ合い、その回転操作によってチェーンの巻込み、巻出しを行う。この回転駆動は、蒸気圧や電動モーターで行うとともに、錨を投下する場合にはフリーに回転できるようになっている。またウィンドラスの回転軸の両端にワーピングドラムがつけられ、係留索の巻込み、巻出し操作に利用されている。

[岩井 


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android