ウイグル文献(読み)ウイグルぶんけん

世界大百科事典 第2版の解説

中国,新疆ウイグル自治区トゥルファン(吐魯番),ハミ(哈密),クチャ(庫車)あるいは甘粛省敦煌などから出土したトルコ語(ウイグル語)で書かれた文献ウイグル文書ともよばれる。宗教関係の内容をもつ文献が圧倒的多数を占めるが,証文や売買契約書などのいわゆる世俗文書も含まれている。宗教文献中最大量を保っているのは仏典類である。そのほとんどはトカラ語,中国語,サンスクリットあるいはソグド語からの翻訳仏典といってよい。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のウイグル文献の言及

【トルコ文学】より

…8世紀前半の突厥の可汗と高官の紀功碑で,叙事詩的な文体を有し,対句,比喩,同義語反復の多用,豊富な動詞表現と教訓的性格など,後世のトルコ文学の特徴の多くがすでに認められる。 突厥の後をうけたウイグル族は,9~13世紀にわたってウイグル文字による多数の文献資料(ウイグル文献)を残しており,現存するマニ教,仏教,ネストリウス派キリスト教の翻訳教典の断片などには,詩形,文体に突厥時代からの発展が見いだされる。ウイグル文字による文学伝統は13世紀ころまで東トルキスタンで継承されたが,中央アジア以西のトルコ族は,10世紀以降イスラム化が進み,アラビア文字の使用が始まる。…

※「ウイグル文献」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android