コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウェルクマイスター ウェルクマイスター Werckmeister, Andreas

3件 の用語解説(ウェルクマイスターの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウェルクマイスター
ウェルクマイスター
Werckmeister, Andreas

[生]1645.11.30. ベネッケンシュタイン
[没]1706.10.26. ハルバーシュタット
ドイツオルガン奏者,音楽理論家。ハッセルフェルデ,クウェドリンブルク,ハルバーシュタットなど各地でオルガン奏者として活躍した。音楽理論家として当時非常な名声を博し,平均律のさきがけとなる各種の調律法を発表した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ウェルクマイスター Werkmeister, Heinrich

1883-1936 ドイツの音楽家。
1883年3月31日生まれ。明治40年(1907)来日。東京音楽学校(現東京芸大)でチェロ,和声などをおしえる。昭和2年東京高等音楽学院(現国立(くにたち)音大)教授。日本の管弦楽をそだてたひとり。昭和11年8月16日東京で死去。53歳。ベルリン高等音楽学校卒。作品にバレエ曲「胡蝶(こちょう)の舞」,オペラ「釈迦」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

ウェルクマイスター

没年:昭和11.8.16(1936)
生年:1883.3.31
明治期に来日したチェロ奏者。明治末から昭和前期の日本の洋楽育成に大きな功績を残した。ドイツ西部のバルメン市生まれ。ベルリン高等音楽学院でハウスマン,ヨアヒム,ヴォルフに師事。卒業後,演奏・教授活動に活躍中,明治40(1907)年12月に東京音楽学校へ招聘。チェロとコントラバス,ピアノ,和声を教えた。大正10(1921)年に退官し一時帰国。再来日して昭和2(1927)年から東京高等音楽学院(国立音大)教授となり,6年から東京音楽学校講師も務めた。10年10月に音楽会場で倒れ,翌年8月渋谷の自宅で死亡。明治末の帝国劇場で管弦楽と歌劇を指導し,「胡蝶の舞」「釈迦」を作曲。山田耕筰など多くの子弟を育てた。

(増井敬二)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウェルクマイスターの関連キーワードエンデヒルハウスブラウンス倉田高ゴッチェダイアック曇慧中島方クレンゲル, ユリウストルトリエ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone