コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウェルツェル Welzel, Hans

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウェルツェル
Welzel, Hans

[生]1904.3.25. アルテルン
[没]1977.5.5. ボン
ドイツの刑法学者,法哲学者。イェナ大学とハイデルベルク大学で法学と哲学を学び,ケルン,ゲッティンゲン,ボンの各大学で教職を歴任した。 1966年に来日。人間の行為の目的的性格に注目した目的的行為論によって現代の刑法学の理論構成に大きな影響を与えた。また,『自然法と実質的正義』 Naturrecht und materiale Gerechtigkeit (1951) は実質的価値論に基づいた法哲学の代表的文献として名高い。主著『ドイツ刑法』 Das Deutsche Strafrecht in seinen Grundzügen (47) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウェルツェル【Hans Welzel】

1904‐77
西ドイツの刑法学者。ボン大学教授。刑法学での目的的行為論finale Handlungslehreの代表的な主張者である。これは,行為を〈目的活動〉とし,行為概念の中核に〈目的性〉をおく行為論であって,既成の犯罪論を再構成しようとする意図をもっている。この理論の重要な帰結は,これまで責任要素とされていた故意(たとえば,人を殺すことの認識・意図)を,行為の本質的要素であるとし,したがって,故意行為と過失行為とは本質的に異なるもので,故意は主観的違法要素であると解する点にある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

367日誕生日大事典の解説

ウェルツェル

生年月日:1904年3月25日
西ドイツの刑法学者,法哲学者
1977年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

ウェルツェルの関連キーワード生年月日

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android