刑法理論(読み)けいほうりろん

世界大百科事典 第2版の解説

刑罰や刑法の意味・根拠等に関する理論刑罰はどのような意味で科せられるかという刑法理論の根本問題については,すでにギリシアの哲学者が二つの答えを出していた。その一は,〈罪が犯されたから〉というものであり,その二は,〈罪が犯されないようにするために〉というものであった。前者応報刑論原型であり,後者目的刑論の原型である。この論争は,とくに啓蒙時代以来,近代刑法学の形成・展開過程で多くの論議を経て現在まで続けられている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

刑法や刑罰の意味・根拠に関する理論で、19世紀後半から20世紀初頭にかけて、新派と旧派との間で長期にわたる論争があった。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

市中感染

病院内で体内に摂取された微生物によって引き起こされる感染症である「院内感染」と対をなす言葉で、病院外で摂取された微生物によって発症した感染症を指す用語。社会生活をしている健康人に起こる感染症で、多くは...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android