コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアWest Highland white terrier

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア
West Highland white terrier

イヌの1品種。小型の狩猟犬で,イギリススコットランド地方に 19世紀なかば,偶然生れた白いケアーン・テリアをもとにつくられた。キツネなどの巣穴に入りやすい長胴短肢で,粘り強く勇敢。また陽気な性質と,美しい純白の被毛をもつことから,テリアのなかでも家庭犬,愛玩犬として人気が高い。行動は活動的で,散歩を好み雪もいとわない。集合住宅でも飼いやすい犬種である。体高 28cm,体重7~10kg。体型はがっちりとしており,四肢は短く筋肉質。頭部は丸く,小さな立耳と額は豊かな被毛におおわれる。尾の長さは 12.5~15cmでぴんと立つ。被毛は二重になっており,上毛は 5cm程度でやや粗いが,下毛は短く,やわらかで密。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

犬&猫:ペットの品種がわかる事典の解説

ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア【West Highland White Terrier】

イギリスのスコットランド地方原産の小型犬。白色ケアーン・テリアを改良して作られた小害獣駆除犬である。丸顔で脇の毛は長い。JKCでは、第3グループ(テリア)に分類する。スコッチウィスキー「ブラック&ホワイト」のラベルにも描かれている。◇ウェスティーともいう。

出典|講談社犬&猫:ペットの品種がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアの関連情報