コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウォシュバーン Washburne, Carleton Wolsey

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウォシュバーン
Washburne, Carleton Wolsey

[生]1889.12.2. シカゴ
[没]1968.11.27. ミシガン,オークモス
アメリカの教育家。進歩主義教育協会会長。スタンフォード大学,カリフォルニア大学に学ぶ。 1919年よりイリノイ州ウィネトカウィネトカ・システムといわれる教育を実施し,学校教育に大きな影響を与えた。 35年東京で新教育協会の汎太平洋教育会議が開催された際に来日し,みずからウィネトカ・システムの紹介に努めた。著書『ウィネトカ公立学校調査研究』 (1925) ,『いかに学校を児童に適応させるか』 (32) ,『生きた教育哲学』 (40) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ウォシュバーンの関連キーワードサンフォード山新教育運動有機感覚

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android