ウォシュバーン(英語表記)Washburne, Carleton Wolsey

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウォシュバーン
Washburne, Carleton Wolsey

[生]1889.12.2. シカゴ
[没]1968.11.27. ミシガン,オークモス
アメリカの教育家。進歩主義教育協会会長。スタンフォード大学,カリフォルニア大学に学ぶ。 1919年よりイリノイ州ウィネトカウィネトカ・システムといわれる教育を実施し,学校教育に大きな影響を与えた。 35年東京で新教育協会の汎太平洋教育会議が開催された際に来日し,みずからウィネトカ・システムの紹介に努めた。著書『ウィネトカ公立学校調査研究』 (1925) ,『いかに学校を児童に適応させるか』 (32) ,『生きた教育哲学』 (40) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android