ウォルゲムート(英語表記)Wolgemut, Michael

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]1433/1434. ニュルンベルク
[没]1519.11.30. ニュルンベルク
ドイツの画家。 H.プライデンブルフ弟子で,彼の未亡人と結婚し,工房を引継ぐ (1473) 。フレマール画家,H.メムリンク,D.ボウツなどネーデルラントの画家の影響を受ける。 A.デューラーの師としても知られ,デューラーの『ウォルゲムート像』 (1516) は有名。作品は,ツウィッカウのマリア聖堂の祭壇画 (1476~79) をはじめ,フォイヒトバンゲン,ニュルンベルク,シュトラウビンクで多く祭壇画を制作。木版画シリーズとしては義子プライデンブルフと共同制作の『宝庫』 (91) や H.シェーデルの『世界年代記』 (92) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出勤再開うつ

在宅勤務から出勤再開に伴う不安やストレスによって生じる心身の不調を指す俗称。2020年に新型コロナウイルスの感染拡大防止策として普及した、テレワークなどによる在宅での新しい働き方に慣れてきた頃に、緊急...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android