コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウォルゲムート Wolgemut, Michael

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウォルゲムート
Wolgemut, Michael

[生]1433/1434. ニュルンベルク
[没]1519.11.30. ニュルンベルク
ドイツの画家。 H.プライデンブルフの弟子で,彼の未亡人と結婚し,工房を引継ぐ (1473) 。フレマールの画家,H.メムリンク,D.ボウツなどネーデルラントの画家の影響を受ける。 A.デューラーの師としても知られ,デューラーの『ウォルゲムート像』 (1516) は有名。作品は,ツウィッカウのマリア聖堂の祭壇画 (1476~79) をはじめ,フォイヒトバンゲン,ニュルンベルク,シュトラウビンクで多く祭壇画を制作。木版画シリーズとしては義子プライデンブルフと共同制作の『宝庫』 (91) や H.シェーデルの『世界年代記』 (92) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ウォルゲムートの関連キーワード永享条約ビータウタスウワディスワフ2世ヤギェウォブルネレスキブルネレスキヤギェウォ朝デュファイ吾甫也古アンジェリコスクアルチオーネ

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android