コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウォルフ=キシュナー還元 ウォルフキシュナーかんげんWolff‐Kishner reduction

世界大百科事典 第2版の解説

ウォルフキシュナーかんげん【ウォルフ=キシュナー還元 Wolff‐Kishner reduction】

ケトンまたはアルデヒドカルボニル基をメチレン基CH2に変換する還元反応。1911年キシュナーN.Kishner,12年ウォルフL.Wolffと,ほぼ同時に2人の化学者によって見いだされた。カルボニル化合物をまずヒドラゾンに変換し(式(1)),これをアルカリの存在下で加熱すると還元生成物が得られる(式(2))。一般に,式(1)の反応により,まずヒドラゾンを単離したのちに,式(2)の反応を行うが,最近では,ヒドラゾンを単離せずにそのままアルカリで還元する方法が使われる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ウォルフ=キシュナー還元の関連キーワードクレメンゼン還元