コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウォルフラム(エッシェンバハの) ウォルフラム

1件 の用語解説(ウォルフラム(エッシェンバハの)の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ウォルフラム(エッシェンバハの)【ウォルフラム】

ドイツの中世宮廷叙事詩を代表する詩人。無邪気な自然児が騎士の理想像に成長する苦難の道程をうたった2万5000行の叙事詩《パルチファル》はドイツ教養小説の祖でもある。
→関連項目ミンネゼンガー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ウォルフラム(エッシェンバハの)の関連キーワードエミネスク吟遊詩人クロプシュトックシュピッテラーベッヒャーウォルフラムフォンエッシェンバハゴットフリートフォンシュトラスブルクハルトマンフォンアウエ

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone