コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミンネゼンガー ミンネゼンガー 〈ドイツ〉Minnesänger

5件 の用語解説(ミンネゼンガーの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ミンネゼンガー(〈ドイツ〉Minnesänger)

ミンネザングを作詩・作曲して歌う人。ミンネジンガー

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ミンネゼンガー

12―14世紀ドイツの宮廷歌人。徳の高い貴婦人を自分の主君とあがめ,その人のために精進修業するという愛(ミンネ)の抒情詩をうたう。起源はトルバドゥールといわれ,フェルデケのハインリヒHeinrich von Veldekeを先駆とし,ワルターフォン・デア・フォーゲルワイデ,ウォルフラムエッシェンバハの),またワーグナーの楽劇に登場するタンホイザーミンネゼンガーである。
→関連項目吟遊詩人マイスタージンガーミンストレル

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ミンネゼンガー【Minnesänger】

中世ドイツの騎士歌人の総称。ミンネジンガーMinnesingerとも呼び,〈愛の歌い手〉を意味する。その出自および文学的側面については,〈ミンネザング〉の項目を参照されたい。音楽史の流れからみると,初期の例は記譜された形では残っていないが,盛期のワルター・フォン・デル・フォーゲルワイデの名作《パレスティナの歌》以後,多くの作品が,ミュンスターイェーナウィーンコルマールなどの写本に残っている。ワーグナーの歌劇《タンホイザー》のワルトブルク城の歌の殿堂の場に登場するタンホイザーウォルフラム(エッシェンバハの)ナイトハルト(ロイエンタールの)らは,すべて実在したミンネゼンガーであり,ワルトブルク城における騎士たち歌合戦も,1206年に実際に行われたとする説がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ミンネゼンガー【Minnesänger】

ミンネザングの作詩者兼作曲家・演奏家。フランスのトルバドゥールの宮廷風恋愛詩の影響を受ける。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミンネゼンガー
みんねぜんがー
Minnesnger

中世ドイツの宮廷叙情詩ミンネザング)の歌人。ミンネザングは南フランストルーバドゥール吟遊詩人)の影響を受けて1170年ごろにおこり、ドイツやオーストリア各地の宮廷で1300年ごろまでつくられた。詩は宮廷の宴席で発表され、作者は作詩、作曲、朗唱のすべてを行った。なかでも、若い騎士の、容姿・品性優れた高貴の既婚婦人にあこがれる歌が多い。高潔な異性への官能の成就なき愛(ミンネMinne)は騎士の精神を高め、中庸や自制心を教える。愛の教育的な意味を省察的に歌う「高きミンネ」の歌の名匠として、ウィーン宮廷のラインマル・フォン・ハーゲナウ、マイセンのハインリヒ・フォン・モールンゲンらが名高い。これらの歌の様式性に飽き足らず、純潔無垢(むく)な庶民の少女への現実的な愛をたたえたのが遍歴の大詩人ワルター・フォン・デァ・フォーゲルワイデである。彼は恋愛詩のほか多くの政治詩、格言詩もつくり、ミンネザングを宮廷の技芸を超えた偉大な詩として完成した。ほかに、きぬぎぬの歌の名手ウォルフラム・フォン・エッシェンバハ、十字軍の歌をつくったハルトマン・フォン・アウエ、フリードリヒ・フォン・ハウゼンなどが注目される。[高津春久]
『高津春久編訳『ミンネザング』(『ドイツ中世叙情詩集』所収・1978・郁文堂)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のミンネゼンガーの言及

【詩】より

…古いものでは8世紀ごろ成立したイギリスの《ベーオウルフ》があり,北欧の〈エッダ〉と〈サガ〉,ドイツの《ニーベルンゲンの歌》などのゲルマン色の濃いものや,おそらくケルト系のアーサー王伝説群,それに,キリスト教徒の武勲詩の性格をもつフランスの《ローランの歌》,スペインの《わがシッドの歌》などが,いずれも12,13世紀ごろまでに成立する。抒情詩としては12世紀ごろから南仏で活動したトルバドゥールと呼ばれる詩人たちの恋愛歌や物語歌がジョングルールという芸人たちによって歌われ,北仏のトルベール,ドイツのミンネゼンガーなどに伝わって,貴族階級による優雅な宮廷抒情詩の流れを生むが,他方には舞踏歌,牧歌,お針歌などの形で奔放な生活感情を歌った民衆歌謡の流れがあり,これがリュトブフ(13世紀)の嘆き節を経て,中世最後の詩人といわれるフランソア・ビヨン(15世紀)につらなる。ほぼ同じ時期に最後の宮廷詩人シャルル・ドルレアンもいて,ともにバラードやロンドーといった定型詩の代表作を残した。…

【中世音楽】より

…アルビジョア十字軍や貴族の結婚などを契機として,世俗歌の創作活動は,北フランスに波及し,やがてはドイツ文化圏においても継承された。その担い手は,南フランスではトルバドゥール,北フランスではトルベール(いずれも〈見いだす人〉の意),ドイツではミンネゼンガー(愛を歌う人)と呼ばれた。イタリアにもトロバトーレがいて,ダンテらもその影響を受けたらしいが,彼らの音楽は伝わっていない。…

【ミンネザング】より

…ドイツ文学史の中でミンネザングと呼ばれるものは,脚韻を踏む1節ないし数節から成る詩作品で,12世紀後半から15世紀ころまで,主として王侯貴族の社交の場で娯楽と教化のために歌唱された。ミンネザングの作者はミンネゼンガー(またはミンネジンガー)と呼ばれ,詩人であると同時に作曲家であり演奏家でもある。実際の身分は貴族とは限らないが,騎士文化の積極的な担い手であるという自覚の点で,彼らは〈騎士階級〉の成員であり,女流詩人はいない。…

※「ミンネゼンガー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ミンネゼンガーの関連キーワード吟遊詩人ドイツ騎士団トルバドゥール西ドイツマイスタージンガーミンネザングミンネジンガーローエングリンワルターフォンデアフォーゲルワイデ統一ドイツ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone