ウスベニニガナ(英語表記)Emilia sonchifolia (L.) DC.

世界大百科事典 第2版の解説

ウスベニニガナ【Emilia sonchifolia (L.) DC.】

アフリカからアジアの熱帯亜熱帯にかけて広く分布するキク科一年草(イラスト)。琉球ではやや普通にみられるが,静岡県以西の本州四国,九州の暖かい地方では夏季にしか姿を見せない。熱帯域では開花前の植物体を野菜とする。草丈は40cm内外。は細く,しばしば基部で分枝し,数本が傾上する。下葉にはのある柄があり,葉身が円い。上葉は基部が茎を抱くようにつき,卵状披針形である。上・下葉とも縁には突起があり,茎とともに粉緑色である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウスベニニガナ
うすべににがな / 薄紅苦菜
[学]Emilia sonchifolia (L.) DC.

キク科の一年草。高さ40センチメートル。名は、植物体の形や大きさがややニガナ(キク科の多年草)に似るのでつけられたが、ニガナとは直接の類縁関係はない。ニガナとは異なり、葉をちぎっても乳液は出ない。また、ニガナの小花は両性の舌状花であるが、本種の小花は両性の筒状花である。ウスベニは小花の花冠が淡紅色であることによる。葉の裏が紅紫色となるものもある。世界の熱帯に分布し、日当りのよい土手や道端に生え、沖縄ではよくみかけるが、九州、四国、本州では多くない。[小山博滋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android