コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウダヤナ Udayana

世界大百科事典 第2版の解説

ウダヤナ【Udayana】

インドの980年ごろの哲学者。生没年不詳。師バーチャスパティミシュラの跡をうけ,ディグナーガ,ダルマキールティ,ジュニャーナシュリーミトラらの仏教論理学派,クマーリラらのミーマーンサー学派の学説を激しく批判したニヤーヤ学派の論客。バイシェーシカ学派の作品も著しており,両派融合の傾向を初めて具体的な行動に移した。仏教徒の論難にたいして主宰神(イーシュバラĪśvara)の存在証明を積極的に展開したことで,正統バラモン主義の哲学者の間で,仏教徒を打ちのめした偉人として賞賛された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のウダヤナの言及

【バイシェーシカ学派】より

…この基本姿勢は,ウッディヨータカラバーチャスパティミシュラなどを通して,ニヤーヤ学派の知識論に決定的な影響を及ぼした。ウダヤナにおいて両派はほぼ完全に融合し,新ニヤーヤ学派の形成の基礎が築かれた。六句義【宮元 啓一】。…

※「ウダヤナ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ウダヤナの関連キーワードカターサリットサーガラブリハット・カターガンゲーシャ優填王思慕像グヌンカウィバッツァ王国賓頭盧

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android