コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウダヤナ Udayana

1件 の用語解説(ウダヤナの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ウダヤナ【Udayana】

インドの980年ごろの哲学者。生没年不詳。師バーチャスパティミシュラの跡をうけ,ディグナーガダルマキールティ,ジュニャーナシュリーミトラらの仏教論理学派,クマーリラらのミーマーンサー学派の学説を激しく批判したニヤーヤ学派の論客。バイシェーシカ学派の作品も著しており,両派融合の傾向を初めて具体的な行動に移した。仏教徒の論難にたいして主宰神(イーシュバラĪśvara)の存在証明を積極的に展開したことで,正統バラモン主義の哲学者の間で,仏教徒を打ちのめした偉人として賞賛された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のウダヤナの言及

【バイシェーシカ学派】より

…この基本姿勢は,ウッディヨータカラバーチャスパティミシュラなどを通して,ニヤーヤ学派の知識論に決定的な影響を及ぼした。ウダヤナにおいて両派はほぼ完全に融合し,新ニヤーヤ学派の形成の基礎が築かれた。六句義【宮元 啓一】。…

※「ウダヤナ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ウダヤナの関連キーワード日観因陀羅チャンドラグプタ目連ラムセス2世劉徽エウクレイデスセクストスホエンペイリコス

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone