コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウチワザメ Platyrhina sinensis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウチワザメ
Platyrhina sinensis

トビエイ目ウチワザメ科の海水魚。全長 70cmになる。胸鰭が広く左右に伸びているため,体形は,尾部を除くとほぼ円形。吻は短く,先端はとがらない。腹鰭の後縁は丸い。体の背面は灰褐色腹面は白色。胎生で,出産は春。底引網で漁獲され,かまぼこ材料として利用される。本州中部以南,東シナ海に分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウチワザメ
うちわざめ / 団扇鮫
fan ray
[学]Platyrhina sinensis

軟骨魚綱エイ目ウチワザメ科に属する海水魚。本州中部以南、東シナ海などに分布する。サメという名がつけられているが、エイの仲間である。外部形態はサカタザメ類とガンギエイ類の中間形で、体盤が縦扁(じゅうへん)して丸く広がるのが和名の由来である。かつてはサカタザメ類に含められたこともあったが、近年は独立した科とされている。体の背中線に1列、体盤中央に4対、目の内縁に数本の肥大鱗(ひだいりん)があり、その周囲は黄色である。全長1メートルに達する。量は多くないが底引網で漁獲され、練り製品の材料にされる。近縁の1種が中国沿岸から知られており、この類は日本近海や東シナ海特産のエイ類ということができる。[仲谷一宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ウチワザメの関連キーワード団扇鮫

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウチワザメの関連情報