ウッズ(読み)うっず(英語表記)Phil Woods

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウッズ(Phil Woods)
うっず
Phil Woods
(1931―2015)

アメリカのジャズ・サックス、クラリネット奏者。本名フィリップ・ウェル・ウッズPhilip Wel Woods。マサチューセッツ州スプリングフィールドに生まれ、少年時代に天才的アルト・サックス奏者チャーリー・パーカーのアルバムを聴いてジャズ・ミュージシャンを目指すことを決意し、叔父の形見のアルト・サックスを手に練習を始め、地元のバンドで演奏する。
 1948年ニューヨークに出て、「クール・ジャズ」の巨匠である盲目の白人ピアニスト、レニー・トリスターノの門下生となる。その後ジュリアード音楽院で4年間サックスとクラリネットを学び、卒業と同時にギター奏者ジミー・レイニーJimmy Raney(1927―1995)がリーダーのセッションにアルト・サックス奏者として参加し、レコーディングを行っている。そして1955年には非常に完成されたスタイルのリーダー・アルバム『ウッドロア』を録音し、パーカー派白人アルト・サックス奏者としての地位を確立させる。
 1956年、ディジー・ガレスピーのビッグ・バンドに参加、同年白人ビ・バップ・ピアニストであるジョージ・ウォリントンGeorge Wallington(1924―1993)のバンドに、アルト・サックス奏者ジャッキー・マクリーンの後がまとして加わる。ちなみにマクリーンもまた、パーカーの強い影響を受けたミュージシャンである。1957年、同じくパーカー派白人アルト・サックス奏者ジーン・クイルGene Quill(1927―1989)と2アルトのグループを結成、『フィル・トークス・ウイズ・クイル』を録音する。
 1960年代はリーダー・アルバムに恵まれなかったが、1967年ヨーロッパに渡り、翌1968年現地のミュージシャンと「ヨーロピアン・リズム・マシーン」を結成、アルバム『フィル・ウッズ&ヨーロピアン・リズム・マシーン』を発表、ファンに新生ウッズ誕生を印象づける。このときのサイドマン、ピアノのジョルジュ・グルンツGeorge Gruntz(1932― )、ベースのアンリ・テキシェHenri Texier(1945― )、ドラムのダニエル・ユメールDaniel Humair(1938― )は、後にヨーロッパ・ジャズ・シーンの中核をなすミュージシャンとなる。このグループで数枚のアルバム制作をした後、1972年アメリカに戻り、1974年にアルバム『ミュージック・デュ・ボア』を録音。
 1970年代はピアニスト、アレンジャーのミシェル・ルグランと共演したり、大編成オーケストラをバックにアルバムを吹き込むなど、新たな試みに挑戦する。1980年代はトランペット奏者トム・ハレルTom Harrell(1946― )を加えたクインテットで多くのレコーディングを行う。1990年代に至っても人気、実力とも充実し、アメリカのジャズ雑誌『ダウン・ビート』Down Beatにおける人気投票では第1位に選ばれている。従来、白人ジャズマンはテクニックは優れていても、黒人的なエモーションを表現するのは難しいといわれていたが、ウッズは完璧な演奏技術とジャズ的な情感の発露を両立した。これは彼のジャズ観の原点に偉大な黒人アルト・サックス奏者であるパーカーがあったことと無縁ではない。ちなみに彼はパーカーの未亡人と結婚している。[後藤雅洋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウッズの関連情報