コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウッドチャック woodchuck

翻訳|woodchuck

3件 の用語解説(ウッドチャックの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ウッドチャック【woodchuck】

リス科の哺乳類。マーモット類の代表種。体長53~65センチメートル。尾は短く、目は小さい。からだは黄色がかった灰褐色。前肢の爪が発達し、巧みに穴を掘る。穴の中で冬眠する。北アメリカに分布。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ウッドチャック(woodchuck)

リス科の哺乳類マーモットの仲間。体長は40~60センチ。米国北東部およびカナダに分布。グラウンドホッグ
[補説]名前は、アメリカ先住民の言葉で「穴を掘るもの」という意味の語に由来するといわれている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ウッドチャック【woodchuck】

北アメリカに広く分布する半地下性のリス科最大の哺乳類(イラスト)。齧歯(げつし)目リス科。体長30~50cm,尾長12~15cm,体重2~5kg。体色は黄褐色から赤褐色。体はずんぐりとし,四肢は短くがんじょうで穴掘りに適したかぎづめを備える。山地の岩場,乾燥した林地,草原,畑などに生息し,岩や倒木の下,草地,斜面などに2~4個の出入口をもつ巣穴を掘り,ふつう単独ですむ。巣穴の入口近くや,掘り出された土の上に直立して座り,まわりを警戒する姿が特徴的。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ウッドチャックの関連キーワードアメリカバイソン北アメリカトラデスカンティアアメリカ杉虎斑木菟旅行鳩渡烏亜米利加カナダ雁リス(栗鼠)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウッドチャックの関連情報